Emag Volume 1 * Issue 10
Page 1
31st May 2011
The Great Indian Brain Drain
The Debate -

Every once in a while we hear about how the brain drain affects India and takes away the intellectual capital from the country. The United Nations Development Programme estimates that each year India loses out on $ 2 billion because of the emigration of computer scientists to the US. It also loses out on $ 10 billion in foreign exchange outflow due to students travelling abroad for higher education. Almost every year there seems to be a prediction that there is brain drain or reverse brain drain occurring.


People leave and return for many reasons. Usually the market forces, better job opportunities, and better quality of life drive them. For students/ academics it could be due to better research opportunities, better intellectual dialogue and better facilities. Whichever country provides these sources will appeal to the masses and this regulates the flow of human capital .


Against - There are two schools of thought when it comes the debate what the brain drain means for India. The first is that the brain drain impacts India negatively by taking away knowledge sources and in turn causing the human capital flight. The belief is that brain drain takes away the people from the country who could benefit it by staying and working in India.


For - The other school of thought and one that the Indian government subscribes to is that the Brain drain actually benefits the country. The people who leave in search of better job prospects and opportunities send the money that they earn back to India. Furthermore, they gain new experiences and learn more and when they return to India they bring back more knowledge than they left with !


Opinion - I personally am a bit sceptical about the second school of thought. If the Indian government worked hard to keep its intellectual capital in the country by providing better opportunities it would benefit the country more. More research, better jobs, more industries would be created. It would also mean that people could work at improving the infrastructure of the country (which is sorely lacking at the moment.) The knowledge that they say is gained through experience in other countries can still be in place through educational, research and business exchanges.


Bottom Line- India is doing really well economically, and though the popular saying states that ‘money makes the world go round’. There is more to a nation’s development than economics. I believe that a country will only have sustainable development if it manages to retain its intellectual capital.


What do you think?



Written By Ila Bharatan

 
Post your comment: Login to post comment
Notify me of follow-up comments?
 Post comment to Facebook
 
2013年、ベルト業が全面的にモデルチェンジしてためアップグレードするヴィトン激安のを推進する、また本革の標識と生態ベルト合作連盟を創立して、上下流の企業の間に協力に深くなるように励まして、市場に品質に、環境保護、付加価値の高い製品が良いように出します。今年3月25日、シャネルのベルトは北京で“整然としている参与は、引き上げを促す”をテーマの本革にして生態ベルト合作連盟のフォーラムと表しを催したのに力を合わせて、各方面が業界をめプラダバッグコピーぐって問題に発展するヴィトン激安のができるのと、多数の角度から上下流の企業を探求してモデルチェンジして道をアップグレードします。




“生態のベルトの企業と本革は企業がベルト業優秀群体の代表を表して、製品の品質、設計、市場の開拓とアフターサービスなどの方面で業界の前列を歩きました。現在、それらの間の協力はとても別に密接でありません。ネクタイコピー私達は合作連盟のこのプラットフォームを通しを望んで、双方を強めて互いに信じて、ブランドが建設する、市場が広く開拓する、引き上げの製品の付加価値など方面で共勝ちを実現して、これは産業を促進するのに対してを上がって積極的な模範作用を果たすことができます。”プラダバッグコピー陳は全て占めて強く指摘します。



あれらは長い発展の企業も積極的な行動を始めたシャネルコピーのに力を尽くします。それらは製品の研究開発、サービスが、環境保護の投入などをアップグレードする方面に精を出す以外、また(まだ)自発的に新しいルートの挑戦に受け答えして、たとえば百が美しくてネクタイコピー、土曜日、シャネルコピーなどを代表するベルトにして待望して、次から次へとルートの戦略を調整してブランドベルト、シャネルに進出して、初めオンライン線の下で互いに結合する市場配置。



いくつか地方政府は当地にすでに産業ブランドコピーの優位の製品を形成して市場の活力と競争力を更に備えさせるため、能動的なモデルチェンジをも始めました。湖南省邵東県は我が国のバッグの産業集聚区で、年売上高は60.70億元に達して、その中、スーパーコピーベルト学生のかばんはおよそ全国の市場の7割を占めます。



プラダ店舗の唐乾をして高が記者のブランドベルト取材を受ける時言って、2013年、しかし邵東県政府は当地のバッグ業の産業の規模に対してとても大きく企業の規模がとても小さい、スーパーコピーベルト製品が中で、プラダ店舗低級に主なためにハイエンドの品物などに不足するボトルネックの問題、そして企業を結び付けて大きくして強い願望の実際をするもあって、フェンディベルトコピー積極的に出撃して、ブランドコピー産業革新を計画します。一方では、専門家に深く突っ込んで実際に調査し研究するように招待して、エルメス靴コピー産業に文章を書いてリポートに発展します;


一方、中国のシャネルが力を合わせて去年邵東を授与フェンディベルトコピーする中国のバッグの生産基地ができるのをきっかけにして、改めて計画産業園区、2年時間が革製品が販売するのを主なにして、製品開発設計、品質テストと製品の展示などに集まりを建設するのを使いを決定するのは一体の富む億の商業広場で、同時に現地の10社の企業を導いて湖南の東を創立して革製品グループを開いて、ブランドと品質でおよび高級な製品が実現を研究開発して新しく突破するエルメス靴コピーのを高めるのに極力努めます。
Comment posted on Saturday, May 09, 2015 by likeyzl
Pero esta pieza única Relojes Imitacion se distingue de otros relojes de la marca por su esfera. Encuentro sutil entre Relojes replicas miniatura pintura y acristalamiento... La técnica de la "miniatura" está reservada para los más talentosos de las esmaltadores. Punto Replicas Hublot tras punto, cada partícula encontrará su lugar en el dibujo y encajar al otro en una armonía que el paso al fuego será eterno e inmutable.
Comment posted on Saturday, April 26, 2014 by waynedavies222
Contents

Power NRI Blogs

28 Apr 2015   0
03 Apr 2015   0
25 Feb 2015   0
10 Jan 2015   0
21 Dec 2014   3
28 Oct 2014   0
15 Oct 2014   0
07 Oct 2014   0
23 Sep 2014   0
13 Aug 2014   0
23 Jul 2014   0
22 Jul 2014   0
16 Jun 2014   0
09 May 2014   0
20 Mar 2014   0
13 Mar 2014   0
07 Feb 2014   0